耳鼻咽喉科ほりクリニック

鼻出血の止め方

鼻出血は、局所的誘因と全身的誘因のいずれによっても発症します。
局所的なものには誘因なく突然起こる突発性鼻出血があり、この場合の大部分は、鼻中隔の前方にあるキーゼルバッハ部位からの出血です。この部位は血管が豊富に分布していることに加え粘膜が薄く、鼻の入り口にあるため傷つきやすいのです。
顕微鏡下でキーゼルバッハ部位を観察すると粘膜直下の細動脈が膨隆し、些細な刺激で破綻を来す状態にあることが確認できます。

この他、外傷、炎症、悪性腫瘍などの局所的誘因によっても様々な程度で出血が起こります。
小児では、急性鼻炎やアレルギー性鼻炎による刺激で鼻をほじることによって生じる指性鼻出血が一番多いです。
キーゼルバッハ部位からの出血は、圧迫止血法により比較的簡単に止血できます。
また鼻の領域の動脈は鼻の付け根の部分を通過しているので、目頭のあいだの鼻の骨の部分を親指と人差し指で両側から圧迫することで止血も出来ます。
圧迫による止血でもっとも間違えやすいのは、骨のある硬い部分を圧迫する方法です。
これは間違いで小鼻の柔らかい部分を5-10分ほど強く圧迫することで大抵は止まります。
1時間経ってもとまらないのは大体止血方法に問題があることが多いです。
ティッシュペーパーを挿入して圧迫するのは好ましくないです。その理由として、抜く際に再び傷をつけてしまい、せっかく凝固した塊もはがしてしまい、結局、いっそう出血しやすくなってしまうのです。また、上図に示すように、必ずやや下を向いた姿勢にします。