耳鼻咽喉科ほりクリニック

耳管開放症

耳管開放症で受診される方へ

耳管開放症、耳鳴り・難聴、めまい、心療内科の初診は完全予約制とさせていただいています。
来院される前に必ずご予約ください。

  • 診察に必要な質問票を事前にご送付致します。
  • これらの症状で受診予約が可能な時間帯は、午前は11時まで、午後は18時まで

耳管開放症とは

この病気は女性に多く、疲れや睡眠不足の状態が続いたり、急に体重が落ちた時に起こりやすくなります。
フワフワしためまいや、低い音が聞き取りにくい、耳閉感や自声強聴(自分の声が大きく聞こえる)などの症状が出ます。

耳管開放症は、1867年に耳鼻咽喉科医のJago氏 によって初めて報告された病気です。
耳とのどをつなぐ耳管が開放されたままの状態になり、耳閉感や自声強聴(自分の声が大きく聞こえる)などの症状が出ます。
PJ Robinson(1989) 、山口(慈恵医大青戸病院-1996)は、耳管開放症によってめまいや難聴が起こることを報告しています。

また音楽に関わっている方は、音程がずれて聞こえる、自分の出している音の大きさがわからない、という症状が出たりします。自分の声が響いて不快になり、話すのが嫌になる方もいます。
耳管狭窄症と誤って診断される場合や、うつ病とされる場合もあります。

耳閉感は、頭を下にしたり、横になったり、お風呂に入ると一時的に良くなりますが、激しい運動をしたりすると悪化します。妊娠中にも起こりやすいようです。

耳管開放症は多様なストレスが原因になっている場合が多く、頭痛、顔色が悪い、手足の冷え、立ちくらみなど、末梢循環の障害や、疲労感や神経質など精神面での問題もあることが多いようです(石川,1996)。

出産や手術後などで体重が急激に落ちたことがきっかけで症状が出る方もいます。

当院では、漢方薬(加味帰脾湯)が有効な例を多く経験しています。

耳管開放症についてもっと知る