耳鼻咽喉科ほりクリニック

風邪・感冒・インフルエンザ

風邪・感冒・インフルエンザの治療ほど、医院によって違いが出る分野はありません。

ほりクリニックでは、保険診療を中心とした中での漢方治療を積極的に生かしています。
マオウという漢方薬は、インフルエンザに有効なことが明らかになっています。
当院では、もう少し踏み込んだ漢方の3種類の組み合わせで、とてもいい結果が出ています。

いわゆる風邪・感冒では、原因がウイルスである場合がほとんどです。
従って、いわゆる抗生物質は効果が期待できません。
それでも多くの場合、一応という名の下で抗生物質が処方されることが多いのが現状です。
もちろん、当院でも、特に成人の場合は、こうした場合もあります。
しかし、基本的には、抗生物質は不要な場合も多いのです。

小児の場合は、特に抗生物質の乱用を避ける視点から、より慎重な態度が求められます。
また、全身倦怠感、だるさ、悪寒、食欲低下、消化器症状、頭痛、などの多彩な症状に対して、何気なく鎮痛消炎剤が投与される傾向があります。
しかし、最近では、発熱の免疫増強効果は広く知られているように、安易な消炎・解熱は、自然の回復過程を混乱させ、かえって回復が遅れることもあるのです。

一方で、東洋医学では、全身のこうした多彩な症状を、各症状を総合的に判断して治療することができ、多彩な苦痛や不快感に対して、自然の回復過程を阻害することなく介入することができます。

こうした点より、西洋医学、とくに抗生物質や鎮痛解熱剤を必要なときにいつでも使える準備をしつつ、基本的には東洋医学治療やその他のアントロポゾフィー医学やホメオパシーなどの幅広い選択肢も生かしつつ治療を進めるのがベストと考えています。インフルエンザに対しての治療についても、すでに述べたことと同じ問題です。 様々な意味でタミフルなどの抗インフルエンザ薬の限界が見え始めている現状をふまえる必要があります。
当院では、やはり東洋医学・アントロポゾフィー医学などを重視しています。

チメロサール(有機水銀)を含まないワクチン

 一般の予防注射(不活性ワクチン)には細菌汚染を防ぐためチメロサールと呼ばれる防腐剤(有機水銀)が含まれています。近年、有機水銀の体内蓄積と副作用が心配されています。

チメロサール(有機水銀)を含まないワクチンはアレルギー反応のリスクが少ないとされ、注射時の痛みや腫れも軽減されます。

当院ではチメロサール無添加のインフルエンザワクチンをご用意しておりますが、このワクチンはとても生産量が少ないため、先着順となっておりますのでお早めにご相談、ご予約ください。

チメロサールとは

 チメロサールは殺菌作用のある水銀を含む防腐剤であり、エチル水銀とよばれる有機水銀を含みます。チメロサールは複数回接種用のワクチンバイアル等の開封後の細菌汚染防止のために古くから用いられてきた物質です。

チメロサールの重量の約半分(49.55%)を水銀(Hg)の重量が占めます。チメロサールは、エチル水銀とチオサリチル酸とに分解し、エチル水銀(有機水銀)の部分で人間への毒性が心配されています。

1990年代には、自閉症等の発達障害との因果関係が指摘され、また、妊娠中の暴露に心配の声があるため、ワクチン全般において予防的な対応が大切という視点にたち、各国ともワクチンからチメロサール除去・減量の努力を行っています(厚生労働省配布資料より)。