耳鼻咽喉科ほりクリニック

耳鳴TRTとは

耳鳴りは、様々な原因で発生します。したがって、正確な診断がとても重要です。そのうえで、最も適切な治療を紹介します。カウンセリング、漢方処方、特に難聴に伴う耳鳴では、TRT療法という補聴器を使用する治療を紹介します。

TRTとは、「耳鳴り再訓練療法」のことです。
TRTでは耳鳴りに対して「順応」という現象が得られることを目的としています。

耳鳴TRTの受診について

 完全予約制になっておりますので、前もって電話で予約して受診してください。診療には、混雑時には、他の患者さんの間を縫って進めることが多くあります。特に予約なしで来院されますと、1回で必要な検査が終わらないなどの場合があります。

耳鳴りとは

 耳鳴りは多くの場合、前ぶれもなく突然やってきます。「キーン」という耳鳴りのようなものを感じたことがある人は少なくないと思います。
しかし、その耳鳴りが常に鳴り止まない、または断続的な耳鳴りにおそわれることで、不安や戸惑いでいっぱいになることと思います。
耳鳴りに悩まされている人はQOL(生活の質)が低下する、という調査結果が出ています。耳鳴りの不快感に端を発するイライラやうつ、不眠など、その悪影響は計り知れません。難聴をはじめ、内耳や聴神経に関わる障害の可能性もあるのです。

耳鳴りはどこで鳴っているの?

耳鳴りが鳴っているのは耳? それとも脳?

 耳鳴りというくらいですから、耳で鳴っているものと考えてしまいます。実際、突発性難聴やメニエール病といった耳の病気で耳鳴りが出現し、その病気が快復すると耳鳴りも消失します。
一方、耳のガンなどで耳を取り除いた場合や、聴神経腫瘍で神経を切除しても、必ずしも耳鳴りがよくならないことも知られています。もしも耳で鳴っているのならば、耳がなくなることで耳鳴りは消えるはずです。
このように、耳鳴りが耳で鳴っているのか脳で鳴っているのか、はっきりしないところがあり長い間論争が続きましたが、現在では耳の障害によって脳で耳鳴りが鳴っていることが明らかになってきました。

耳鳴りの音はどのように発生しているの?

脳の再構築説

 脳の構造が変化してしまう説です。
 脳にも音の高さごとに局所性といって対応する部位が決まっています。ところが音が入ってこなくなるとその部位の神経は仕事がなくなってしまいます。しかし、脳は働き者で、さらに脳には可塑性という作り替える能力があります。手持ちぶさたな神経は次第に近くの正常に届いている音にも反応してしまいます。
 こうして音に対する脳の分布が変わってしまいます。難聴になった音の高さに対応する脳の部位は近くの音にも反応するようになるため、多くの神経がこの難聴と正常との境目の高さの辺縁周波数に過剰に反応してしまうようになります。
 この過剰な反応が耳鳴りとして聞こえるという理論です。この理論では耳鳴りは難聴と正常との境界付近の音となるはずです。

神経同期説

 神経どうしが同期して音の合唱が始まる説です。
 現在もっとも有力な耳鳴りの発生理論になります。
 脳においては神経の活動の調節は前方抑制というシステムと側方抑制というシステムでおこなわれています。前方抑制は神経に入ってきた音が次の神経に伝わるときの大きさを調整するもので、いわば自動音量調整が小さいときには抑制をなくすことで出力を下げ、入ってくる刺激が大きいと抑制を強くすることで出力を下げるという働きをします。
 神経は何の刺激がないときでも少しずつ活動電位を出してその神経の本来担当していた音が自発的に出されるようになっています。ところが耳が悪くなると神経へ入力する刺激がなくなるので前方抑制が働かずどんどん神経の活動性が高まります。
 このとき多くの神経がバラバラに活動しているのであれば単一の神経からの出力は小さいので問題ないのですが、多くの神経が協調してリズムを合わせるとちょっとした雑音が大きな音になるです。
 この状態が続くと脳の可塑性のため構造的な変化が起きて耳鳴りが固定してしまいます。この発生説では耳鳴りの音は難聴と一致した高さで起こります。多くの耳鳴りが難聴の周波数と一致しているため支持されている説です。

TRT [耳鳴り再訓練療法]

 TRTとは、「耳鳴り再訓練療法」のことです。
このTRTは、1980年代にジャストレボフ氏が耳鳴りの神経生理学的モデルを発表し、彼と彼の仲間であるハーゼル氏によって1990年代中頃にからはじめられた治療です。それまでなかなかよい結果の得られる耳鳴りの治療法がなかった中で世界中に画期的な治療法として広まり、現在でも多くの国で行われている治療法です。
TRTでは耳鳴りに対して「順応」という現象が得られることを目的としています。順応とは簡単にいうと耳鳴りに慣れてしまうということです。

耳鳴りTRT療法

 まず最初に耳鳴りの存在にだんだんと慣れてきて気にならなくなるいう、反応性の順応という現象がおきます。これはおもに心理的なことから起きてきます。さらに時間が経過すると知覚の順応ということが起きてきます。耳鳴りを小さく感じ、意識しなくなるようになるのです。これは聴覚系において順応が起きることでなります。ほとんどの人では自然な経過としてこの2つの順応が起きるのですが、一部の人では順応が起きずに耳鳴りを意識し、さらに耳鳴りの経過を補強してしまうという悪循環が起きてしまいます。
耳鳴りは聴覚系と意識情動系の2つから成り立っているので、音響療法で「適切な音を入れること」と心理療法で「耳鳴りについてよく理解すること」で、聴覚と心理面のそれぞれに順応をもたらして耳鳴りが気にならなくなり、さらに小さく感じるようになっていきます。

TRTの5つのカテゴリー分類

TRTは、耳鳴りを5つのカテゴリーに分けて治療をします。

  1. 耳鳴りがさほど気にならない人が対象で、静寂をさけ、日常生活における環境音を利用して耳鳴りのコントラストをなくします。
  2. 耳鳴りで生活に支障をきたしている場合で、専用の「サウンドジェネレーター」というノイズが出る機器や耳鳴り対応補聴器などの機器を使います。
  3. 難聴がある場合で、補聴器、特に耳鳴り対応補聴器などの機器を使います。
  4. 聴覚過敏がある場合で、小さな音響から耳を慣らしていき音の脱感作を行います。
  5. 音があると耳鳴りが増悪してしまう場合で、非常にまれなケースです。この場合は音が聞こえるか聞こえないかくらいから、次第に音を大きくしていきます。
    このようにTRTでカテゴリーごとに療法を分けて治療します。

TRTでの治療の進み方

ステージ1

はじめに耳鳴りが危険なものではないことを理解していただき不安をなくすことです。

ステージ2

次に耳鳴りに対して適切な音響療法(補聴器を含む)を行うことで、音があると耳鳴りが楽に感じるようになります。これは治療を開始してすぐによくなったと感じる人が大半です。改善が得られるのに時間がかかる場合もあります。

ステージ3

音響療法をしていると耳鳴りに慣れてきた感じがして耳鳴りを次第に苦痛に感じなくなり、イライラを感じることが少なくなっていきます。
これも1ヶ月〜2ヶ月くらいで感じる人が多くなります。

ステージ4

さらにしばらくすると耳鳴りを意識することが少なくなります。

ステージ5

ふと気づくと耳鳴りを小さく感じるようになります。 知覚の順応が起きたのです。

詳しくは、受付にてお問合せ下さい。

耳鳴TRT外来での多角的治療(全身療法)

ほりクリニックでは、症状を多角的に診て診断しております。また、治療においても簡易リラクセーション訓練の他、医師とのチームの下で、専門の資格を持った療法士による以下のような療法を取り入れております。

その他の療法のご紹介

アートセラピー アロマ・セラピー オイリュトミー ブレインジム 操体(鍼灸)