耳鼻咽喉科ほりクリニック

ほりクリニックの特徴

 当クリニックでは、正確な西洋医学的診断を大切にしつつ、個々の体質に合わせたきめ細かな東洋医学的治療や、食生活・運動・ストレスマネジメント・睡眠などライフスタイル全般についてもアドバイスをさせていただいています。

 症状を速やかに改善する、投薬やネブライザーによる治療の他、漢方やホリスティック医学、アントロポゾフィー医学の知見を元に、ご自身の体質や健康度をしっかりと改善することを大切にしています。

 また、耳管開放症や耳鳴りの症状には、心療内科的な治療も有効です。当クリニックでは心療内科的な治療も保険診療の中で実施できます。

 保険適用外の自由診療としては、アロマセラピー、オイリュトミー療法、アートセラピー、音楽療法など多彩な代替医療も、ご希望に応じて選択できます。

病院間連携

 当院は小さな医院ですが、呼吸機能検査装置、睡眠時無呼吸症の在宅検査装置、耳管開放症の機能検査装置を備えております。その場で結果の出るアレルギーの血液検査もご利用いただけます。

 一方、病気によっては、正確な診断のため、緊急血液検査や、CTやMRIなど大型の画像診断装置による撮影が必要な場合も少なくありません。

 当院からわずか100メートルほどのところにある、東京蒲田病院と病診連携を行っており、当院からあらかじめ予約を入れた上で、そのまま東京蒲田病院に行って検査をしていただくことができます。検査結果・撮影画像は日をあらためることなく、当院に戻ってすぐに見ることができます。

心療内科的アプローチ

 病気と、病気が引き起こす症状は、人間のこころの営みと密接につながっています。特に、呼吸器と循環器の症状は、ストレスに対する無意識の反応や「感情のくせ」(ものごとのとらえ方の傾向)により大きく左右されます。

 例えば耳管開放症、めまい、耳鳴りなどは、症状だけに注目して治療を行うのではなく、まずその方の性格やものごとの考え方、ストレスに対する反応、生活習慣などを知った上で治療を始めることがとても大切です。

 治療は医師が患者に対して一方的に行うものではありません。患者さんが自分自身をよく知り、自分の姿に素直に向き合うことから始まるのです。病気になるのも、病気を治すのも、患者さん自身の中から起こってくるものなのです。

 当院では、心理検査「SDS(自己評価式抑うつ性尺度)」「STAI(状態不安・特性不安検査)」の実施、個別カウンセリングなど、心療内科的な治療を、保険適用で行っています。

 保険点数・・・カウンセリング:初診110点/再診80点、心理検査:80点

漢方の処方

 一般的に重症例に対してはステロイドの入った内服薬(セレスタミンなど)が併用処方されます。こうした薬はホルモン作用があるので、出来ればあまり頼りたくないのです。そこで、その患者さんの体質に合った漢方薬を併用することにより、ステロイドの投与を減らす、あるいは投与期間を短くすることができます。

 漢方は、一般の薬に比べて、薬の選択に際し体質の見極めの手間がかかりますが、体質に合った処方を見つけだすことで、いわばあなたに最適の「カスタムメイド」の治療薬を見つけることが出来ます。

 

生活指導

 副鼻腔炎や中耳炎などの感染症は、人間が本来備えている免疫機能が弱っていることで重症化したり、罹患を繰り返したりします。アレルギー性鼻炎・花粉症などのアレルギー性疾患、自己免疫疾患によるめまいなども、免疫機能のバランスがくずれたことによるものです。

 免疫機能のバランスを整えるためには、食事をはじめとする生活習慣の見直しが必要です。これまでと同じ食生活、生活習慣を続けたままで、薬で病気を治そうとしてもうまくいきません。

 当院では、まず生活全般について患者さんからお話を伺って、過剰な乳製品や糖質の摂取を控え、野菜や繊維質の多い穀物を取り合わせたバランスの良い食事、規則的な生活習慣、スマートフォンやゲームの使用を控え、良質の睡眠をとることなどを指導しています。

 食生活・生活習慣を改善することで症状が軽減し、強い薬の使用を減らすことができた例がたくさんあります。

診療のご注意と配慮

  1. 小児の発熱や、体調の悪い方などは、受付でお申し出ください。
    当院では、こうした方は、順番を調整させていただきます。他の患者さんには、こうした方針にご理解いただけますようお願い申し上げます。
    また、おたふくかぜその他、感染性の疾患の疑いのある方も、受付でお申し出ください。他の患者さんのためにも、別室でお待ちいただきます。
  2. 診察時、特に初診時は、病気に関連して様々なお話をお伺い致します。時には、他人に聞かれたくない場合もあることと思います。
    こうした配慮から、当院では、ご希望があればプライバシーを守れる別室での問診もいたします。ご希望の方は、受付でお申し出ください。診察室に入られてからでもかまいません。

診断機器について

 患者さんやご家族に、病状について十分理解してもらえるよう、鼓膜の画像や鼻腔や喉頭のファイバースコープ画像をディスプレーで確認したり、診療後に撮影画像のプリントをご覧いただけます。

  睡眠時無呼吸症の検査装置を貸し出しいたします。小型の検査装置をお持ち帰りいただき、ご自宅でいつも通りの睡眠をとっていただいて一晩検査します。翌日以降、医院にて結果を分析し重症度を判定します。

 耳管開放症や滲出性中耳炎などの検査には、耳管機能検査装置を使用します。音響法とインピーダンス法の2種類に加えT.T.A.G.法、インフレーション・デフレーション法(加圧減圧法)の4種類の検査ができる装置を用いて、病状を正確に診断します。