耳鼻咽喉科ほりクリニック

舌下免疫療法

シダトレンスギ花粉舌下液は、本邦初のスギ花粉症に対する舌下投与による減感作療法(アレルゲン免疫療法)薬です。  アレルゲン免疫療法とは、病因アレルゲンを投与していくことにより、アレルゲンに曝露された場合に引き起こされる関連症状を緩和する治療法であり、アレルギー疾患の自然経過を改善させることが可能な治療法です。  シダトレンによる治療では、スギ花粉症の症状改善と、対症療法である薬物の使用量の減少が期待されます。  しかし一方で、シダトレンによる治療は治療期間が長い(スギ花粉非飛散期を含め年単位で継続して施行)、スギ花粉飛散期から投与開始できない、対症療法のように即効性を期待して行うものではない、といった特徴を持ち合わせています。  また、副作用として投与開始初期に投与部位(口腔内)に関連した症状発現が多く、アナフィラキシー等が発現する可能性もあります。 このコンテンツでは、シダトレンによるスギ花粉症の治療における患者さんの選択と処方、投与方法、ならびに投与前後の注意すべき事項や発現するおそれのある副作用とその対策について、解説しています。  シダトレンによるアレルゲン免疫療法を開始する際の診断や治療、投与時期に応じた患者さんへの教育やアドヒアランスの維持・向上のためにお役立てください。

もっと知りたいアレルゲン免疫療法

[リンク]