治療教育相談

子育ての悩みと向き合う

ほりクリニックでは、体を動かすことを中心に行っていますが、お子さんの様子を見て、必要な場合には、絵、音楽、歌や詩なども取り入れています。 R.シュタイナーによる12感覚、特に触覚・運動感覚・生命感覚・平衡感覚への働きかけを中心に行い、子供の体の成長発達の助けとなるよう、また、体のバランスが調和的になるように働きかけます。 自分の体をしっかりと感じ取って動くことで、感情の表現や言葉の感覚にも変化が見られます。


■対象
堀先生の診察を受けていらっしゃる方で、先生がら治療教育が有効と認められた方で、患者さんが希望された場合に予約していただきます。


■受診手順・料金
初診:5,000円
最初の時間には、相談が中心になります。また、可能な限り堀先生に同席していただき、医療と連携をしています。


■曜日/時間
火曜日 午後


■講師のご紹介
江崎 桂子<治療教育家 薬剤師>


医師・治療教育家・患者さんと家族が共に学び共に成長することをめざします。
東京薬科大学卒。薬剤師。横浜でシュタイナー教育の土曜クラス運営に携わった後、ヴィッテンアンネンにて治療教育を学び、2006年帰国。障がい児の個別指導、障がいを持つ親子とともにサークル活動、障がい者の施設でライアーを障がい者と共に演奏している。ほりクリニックにて、薬剤師としてもアントロポゾフィー医薬品の管理・研究に携わっている。アントロポゾフィー医学のための医師会薬剤師部門所属。


ページトップへ戻る